FC2ブログ
また~り好きの、よしなしごと
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

きもの
2011年06月02日 (木) | 編集 |
広島は明日から三日間、『とうかさん』という祭です。
とうかさんは、浴衣の着始めの祭でもあります。

去年、浴衣を着ないまま過ごしてしまったので、
今年は絶対浴衣を着るぞ!
と意気込み、浴衣を出してどれを着るか選びました。

…が…

私、7枚も持ってるのに、
どれもこれも似合わなくなってる(ノ△T)
なんだか柄が若過ぎて、もう、これを着る年齢じゃないだろう…
といった感じです。
2~3年前に着たものすら、ギリギリアウトな感じ…
流行りものを買うと、長く使えませんね…。

唯一合格点だった浴衣は、
20年前に作った一番古いものです。
今見ても、渋いの選んでたなぁ~と思う浴衣です(笑)

思えば、振袖もあまり一般的ではない渋い青を選んだっけ…
私、昔から『ちょっと違う』が好きだったんですね。

で、
母が20~30代前半に作ったものだと思われる着物があるんですが
これがまた、面白い柄なんです。
えらいモダンな柄と、えらい渋い柄。
あまり見かけない感じです。

母がどんな好みだったとか、何を着てたかとか
その辺は全く知らないんですが、
この着物を見るだけで、
やっぱり親子なんだな…と思いました(笑)


ところで、結局どの浴衣を着る事にしたか…

20年前の浴衣のシミが、あまりにひどくて悩んでたら、
格安着物屋さんで『こっ…これっ…好きだ!!』
という柄に出会ってしまいまして…
価格も可愛かったんで、買ってしまいました。
将来、娘がこれを見ながら、
『母らしい浴衣だなぁ』
と思ってくれるでしょうか?(笑)

スポンサーサイト

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。