FC2ブログ
また~り好きの、よしなしごと
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

オルゴール
2011年06月13日 (月) | 編集 |
先日、はつかいち美術ギャラリーの
「アンティークドール展 -オルゴールの調べにのせて」
という催しにいってまいりました。

私は、実は、人形が苦手です(^^;
ちょっと怖いんですよね。
ぬいぐるみは大好きなんですが、
フランス人形や日本人形は、子供の頃から怖くて。

でも、アンティークのオルゴールにすごく興味があって、
娘たちと行ってきました。
合わせて行ったわけではないのですが、
ちょうどオルゴール演奏会の時間に到着し
素敵な音色を生で聞くことが出来ました♪

すっごく綺麗な音色に、心が穏やかになりました。
100年前、150年前のオルゴールですから
ディスクが磨り減って、その分優しい音色になるんだそうです。
新しいオルゴールには出せない音なんでしょうね。

古くても新しくても、
オルゴールの音色は、やはり生に限りますね!
オルゴールのCDも持っているのですが、
実はそれほど感動的なものはまだ出会えません。
直接聞く音色に、かなうものは無いのかな。

広島にとあるオルゴール専門店があるのですが
そこの手作りオルゴールに、
30弁オルゴールというのがあるんです。
(40弁くらいのもあった記憶が・・・)
音色を奏でる金属の弁が多いので
一般的なオルゴールでは味わえない感動があります。
実は、いつかこのオルゴールを(数万円します)
自分へのプレゼントにしてみたい!
と密かに思っております(笑)

ちなみにアンティークドールの方ですが、
2体だけ、とても可愛くて「この子たちは好きだな♪」
と思った人形がありました。
アルベール・マルクという作家のものらしいのですが
調べてみると、それほど出来は良くないとか書いてあって
「人形の出来・不出来って、なんじゃろか?」
と思いました。
私は感情無さそうな人形より、
マルクさんの人形の方が、ずっと素敵に見えたんですよね。

私、アンティークドールの魅力って、
今後も分からないままだろうと思います(^^;
スポンサーサイト

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。